相続放棄ってなんだろう?

相続の裁判とはどんなもの?

相続の裁判とはどんなもの?

相続問題は家庭裁判所が管轄していますが最初から判決を得るという形にはなりません。
こうした家庭の問題はなるべく話し合いで解決した方が望ましいと法律は考えていますので、相続で揉めた場合は調停前置主義という仕組みがとられています。
どういうことかと言うと、まず調停を行いそれでも諍いが解決しなければ裁判をしましょうということです。
つまり、相続においては必ず先に調停が行われます。
調停においては経験豊かな調停委員と裁判官が当事者間の主張をよく聞き間を取り持ってくれます。
調停委員は問題解決のプロフェッショナルで、専門的な知識を持つ者や一定年齢以上の知識も経験もある者の中から特に諍いの内容の解決に適切な人材が選ばれます。
調停ではほとんどの場合法律での解決は行いません。
双方の言い分を聞いた上で落としどころを見つけ双方納得の上で諍いを解決するのが狙いです。
ですから判決が出ることはありません。
しかし調停で取り決めた相続の諍い解決に関する事柄は確定判決と同じ効果を持ちますので、調停は話し合いでの解決ながらその決定には強い効力を持っているのです。

相続に関するトラブルは弁護士に相談

ご親族がお亡くなりになると、どうしても相続関連の問題が起こりがちです。
大事な方を亡くしたという悲しみの中、ご自身でいろいろと調べながら様々な手続きを踏んだりするのは、とても辛いことでしょう。
例えば遺言書に相続人の記載がない場合は、法定相続となります。
つまり、亡くなられた人との間柄で、割合が決まってくるのです。
しかし、これを証明するには、「戸籍謄本」「除籍謄本」「改製原戸籍」をすべて取り寄せて調べあげないといけません。
相続放棄するにしても、手続きが必要となります。
もし負債などマイナスの財産がある場合は、放棄することによって他の方に負担がかかってしまうこともあります。
このことが原因でトラブルになってしまうということだってあるんです。
わずらわしい問題が起こる前に、まずは一度、弁護士に相談することをおすすめします。
経験・知識共に豊富な弁護士であれば、あなたの状況にあった最適な方法を提案してくれます。

Valuable information

横浜のリサイクルショップ
http://39r.jp/

Last update:2016/12/21

ページトップへ